千葉でおすすめの火葬場付きの葬儀場はどこですか?

Posted on

意見のわかれるところですが、当家の場合は地元が千葉の柏市ということで、火葬場付きの「ウイングホール柏斎場」を利用しています。

概要をご紹介します。

■駅近か火葬場付きか、双方にメリットがある。

駅近と火葬場付きの葬儀場とどちらが良いかという点で言えば“どちらにもメリットがあります”。

駅近なら歩いて行けてタクシー代の負担を参列いただく方にかけなくて済むこと。

火葬場付きは、葬儀場に着いてからの移動がなく、会葬者に負担をかけないことです。

どちらも会葬者目線で選べば良いかと思います。

また日本では火葬を行う方が90%を超え一部で火葬場難民と呼ばれる火葬場で火葬待ちを余儀なくされる方がいるそうです。

※参考記事紹介・・・欧州難民問題にも匹敵する大問題!日本で「火葬場難民」が問題に=中国-サーチナ

これらのことを考え、火葬場付きの葬祭場について記述します。

■代々千葉県柏市の当家が利用している葬儀場。

回答者である私の家は千葉県の柏市にあり、代々千葉を住戸としてきました。

そんな当家が柏市の葬儀場でお世話になっているのが「ウイングホール柏斎場」です。

ここには火葬炉が9基もあり、霊安室保冷庫(ご遺体安置)の収容数も6体分あります。

病院で亡くなった場合、自宅に連れ帰る必要がなく便利です。

あらかじめ連絡を入れ、葬儀の予定を打ち合わせしておけば当日まで預かってくれます。

火葬場が敷地内にあれば、来場いただいた参列者を迎えるだけで、葬儀がスムーズにいき、気遣いのが数が減るのでそれだけ式に集中できます。

■火葬場があるので、駅からのタクシー便はご負担をお願いすると割り切りましょう。

会葬者もそのほうが歩く距離がないので便利だと思います。

最寄り駅はJR常磐線「北柏駅」「我孫子駅」で、そこからタクシーで15分ほどかかります。

バス便もありますが下車してから歩くので逆に不便です。

最後になりましたが、ホールは120席と70席の2つがあり、宗派や形式は問いません。